ダイビングスクールはどこも同じ事をすると思っている方が多いと思います。
確かにPADI(世界最大のダイビング指導機関)からダイバーコースで行うことを定められているので、スキルに関しては同じかもしれません。しかし、指導の仕方や環境などはスクールによって大きく異なるのです。

分かりやすく飲食店に例えますと、材料と作る料理は決まっているが、つくり方や味付けは各店に任されているのと同じです。腕の良い料理人であれば、美味しく調理をするでしょうし、経験未熟な料理人であれば、失敗したり、美味しくない料理になってしまうかもしれません。

沖縄ダイビングスクールは、同じライセンスコースでも、ダイビングスキルを知り尽くしたベテランインストラクターが、キチンと丁寧にお客様を安全なダイバーにご指導させていただきます。



当スクールは仙台で培ってきた実績から、以下の点が
圧倒的なまでに他店と異なります。(仙台本店ホームページ
最も大切なのは「どこで取得するか」ではなく「誰から教わるか」なのです。


PADI最高峰資格のインストラクターである「コースディレクター」が、全てのコースを監修しております。
インストラクターを指導できる資格であり、圧倒的経験数を誇るコースディレクターが楽しく・安全なコースを監修しております。

少人数制で行います。
指導団体PADIのルールでは、1人のインストラクターに対し、8名まで可能です。しかし、現実的に考えて学習効果が低く、安全性にも影響が出る可能性があります。例えば、一つのスキルを練習する際に1人1分かかるとしましょう。8名の場合、7分待つことになります。それが38スキルあれば266分が「待ち時間」になるわけです。それも全ての方が、全てのスキルをスキルが「スムーズに1分以内に出来た場合」で、です。当スクールでは最大でも4名までの人数比に制限し、学習効果と安全性を確保した少人数制で行いますので、周りの目を気にせずしっかりと学ぶことが出来ます。

教材はPADIのフルシステムキットを使用します。
DVD付きのマニュアルセットを使用するので、自習がより分かりやすくなります。また、DVDでは、実習で行うことも映像で入っていますので実際の講習時に、より高い学習効果で学べます。

全てのスキルをちゃんと行います。
当たり前ですが、全てのスキルをマスターしていただきます。この事をあえて書かなければならない事をお察し下さい。ちなみに全てのスキルとはプールだけでもこれだけあります。決して難しいものではありません。私と一緒に楽しく学んでいきましょう。

海洋講習の前にちゃんとプールでスキル練習を行います。
 (プールを使用せずに、海の浅瀬で行うお店がほとんどです。初めてのダイビングにも関わらず、波や流れもある海で行うことは強いストレスを生み、学習効率が極度に落ちます。ちゃんと行うとマンツーマンで連続で行っても最低4時間はかかります。波のある海と陸を4回以上行ったりきたり・・・まずはプールで大切な基礎スキルをしっかりマスターするべきです)

海洋講習ではエンリッチドエアーを使います。
お客様に呼吸していただく「気体」は酸素濃度が高い「エンリッチドエアー」を使用します。これは潜水病のリスクを大幅に軽減する最新の気体です。最近普及し始めましたが、ダイビングライセンス講習の時点から使用しているところはほとんどありません。私たちは呼吸するガスの面からも安全に関して徹底的にこだわります。

ボートダイブを行います。
お客様は、ダイビングライセンス取得後、世界中のダイビングポイントに潜りに行くことでしょう。その際、ほとんどがボートダイブです。ライセンス講習でボートを利用することで、取得後に極度の不安に襲われることはないでしょう。(海況などの要因により、やむを得ずビーチダイブに変更することもございます。)

インストラクターは安全器材を装備します。
近年、インストラクターの軽装が目に付きます。お客様の命を預かるインストラクターは、その安全を守る器材を装備するべきだと考えます。山のプロはパーティの安全を守るために、より重装備であるように、海のプロも同様にするべきです。

マスターしていただくダイビングスキルを「簡単」にします。
これは、インストラクターとしての経験がものをいいます。同じスキルでも教え方如何では難しくも、簡単にもなるダイビングスキル。大切なダイビングスキルを簡単に、そして、しっかりマスターして頂けるようにご指導させていただきます。