あれは確か、台風の後だった。

          慶良間諸島に潜りに行った時のこと。

     きっと台風で新鮮な水が運ばれてきたんだろう、


           水面に顔をつけた瞬間、
       方々からあがる「わあ!」という歓声。


         30mはある水深の水底まで見えた。


        ダイバーはまるで飛んでいるようで、
        船もまるで空中に浮いているようだ。


      みんな一斉に海中世界の冒険に出かける。


        だからダイビングはやめられない。